セルヴァンミズノ 名古屋で丈夫な結婚指輪をお探しならクリスチャンバウアーとデュアルとダブルスター

クリスチャンバウアー

特徴

    耐久性に優れ、歪みに強い独自製法の「鍛造リング」

1880年創業 世界30ヶ国で愛される信頼の老舗ドイツブランド「クリスチャンバウアー」。
熟練マイスターの高い技術と最先端の機械工学が融合した、独自の「鍛造法」で造られた結婚指輪です。
その技術力の高さを認めたベンツやBMW、NASA等から重要部品の製造を依頼されるほどです。

    BAUER Process

    匠の技と機械工学の融合

クリスチャンバウアーの鍛造法は、地金から始まります。
抜群の剛性としなやかさをもつ地金でなければ、これから先の工程に耐えきれないからです。
1つ1つの工程に意味があり、全てを積み重ねることで上質なリングが誕生します。
ゴールドマイスター率いる熟練の技術者たちによって、この工程は守られ、支えられています。

    圧縮形成

金・銀・銅・プラチナ・パラジウムの五大貴金属のみが原料となり、なるべく空気に触れないよう低酸素状態で高周波溶解されます。このように作られた地金は、剛性としなやかさを持ち、変色にも強くなります。

    圧縮形成

厚さ30ミリの地金は8ミリにまで圧延、約160tの圧力で円形に打ち抜かれた後、数度の圧縮形成を経て鍛えられます。密度は高まり、加工硬化によって強いリングが出来上がっていきます。

    切削形成

回転させながら形を削りだすことで、リングはほぼ真円となり、妥協のない直線と曲面が生まれます。また磨き上げでは出せない、美しい鏡面部分を作ることも出来ます。

    セッティング

熟練の技術者によって1つ1つダイアモンドが留められていきます。直径や深さのわずかな違いに合わせた石留めは、失敗の許されない高度な技術です。

    BAUER Process

    至福の装着感

    密度

リングを手にとると、しっかり重みが感じられます。
種々の圧縮過程を経て鍛えられるクリスチャンバウアーの地金は、極限まで密度が高められ、しっとりと肌に吸い付くような感覚をもたらします。

    形状

リング内側に触れると、磨きこまれた滑らかな曲面がよくお分かり頂けます。

デザインごとに違う断面形状はスムーズな指通りだけでなく、指にかかる負担を分散し、快適につけられるよう計算された形なのです。

厚み

リングを内側から見ると、ある程度の厚みがあることがお分かり頂けます。
デザインや幅によって、心地よいと感じる厚みは異なります。
また耐久性にもかかわることから、デザイナーだけではなくマイスターと共に絶妙なバランスで調整されています。





ドイツの鍛造製法 『クリスチャンバウアー』
―耐久性に優れ、歪みに強い独自の鍛造製法にこだわった結婚指輪―
名古屋で唯一の取扱店 セルヴァンミズノ

関連情報

営業日ご案内

営業時間
AM 11:00~PM 7:00
水色 定休日 水曜日

水色は定休日です

↑ PAGE TOP

PAGE TOP